2016年5月19日木曜日

勝手に体験を語る

瀬渡し船で磯にあげてもらったときの釣りの体験




「無事であったことが好運だった」
と今思えばそんな体験だった。







    Sow Experience



友達数人で磯釣りに行った。
夜釣りで、磯に野宿。翌朝迎えに来てもらうスケジュール。
瀬渡し船で磯にあげてもらって、各々ポジションをとって位置について釣りスタート。

私が選んだ場所は、さほど広くなく4畳ぐらいで、割と平らな感じの場所だった。

午後にあげてもらって、明るいうちに狙うのは「クロ」、夜間に入って「鯛」を釣ろうと仕掛けを用意していた。

瀬に渡してもらったときは下げ潮だったようで、
夕方頃になると潮位がゆっくり上がっていった。

みんな広い場所で夕飯の一時を過ごしていたようだったが、私は釣りに没頭して、一人の世界のを楽しんでいた。

日も沈み、ふと気がつくと目の前に海が近づいている!!
「あらっ!・・ヤバっ!」
通ってきた磯は、すでに波に洗われており、波が落ちた先は渦巻いていた!
「コレはムリ!渡れん!」渡って戻れる感じがしない!

釣りどころでは無くなった。
狭い瀬の上にぽつんと一人。孤立してしまったのである

とりあえず、真ん中あたりの足場で、硬直するしか考えが浮かばない!

そんなときだった。
投げた仕掛けにあたりが来てしまった!
「不幸に陥る直前の幸いか!?まさに不幸中の幸い!

あわてて竿を持ったが、潮が気になり
「まったりと釣り気分」とはいかない!

魚との死闘を続けながら、押し圧せてくる波が足元を脅かす!
ついに、波が、私の手荷物めがけて乗り上げてきたのだ!

ザッパーーン
バッカン:・・・死亡

ザッパーーン
食料品:・・・死亡

ザッパーーン
クーラーbox:・・・流されつつも、なんとか死守

釣りしてる場合ではないのに、釣りを止めれない。
(竿は高かったので手放せない)

流される覚悟は、当然持てません!

当たりをキョロキョロしながらも死闘の末、見事真鯛を釣り上げました。

つり上げた後、徐々に潮位も下がり帰還することが出来ました。
波が穏やかな日だったこともあり、大事には至らずにすみました。
快晴で、星もキレイだったのですがそんな記憶はかすかにしか覚えてないです。


自然を楽しみたいのであれば、しっかり身を守るすべを知る必要が不可欠であると勉強させられました。


釣った真鯛は美味しくいただきました。( ´艸`)






体験は自分心にしっかりと刻み込まれ、自分の財産になります。
一度しかない人生。
いろいろ体験してはいかがでしょうか。
みんなで体験したらもっと楽しい と思います。( ´艸`)
プレゼントで人気の体験ギフトはコチラ

       Sow Experience


blog birth(新しく誕生したブログです)

ブログ初投稿おめでとうございます!

mado's LIFE FC2ブログ

ONE ROOM*ONE DAY gooブログ

ゆっくり・・・のんびり・・・。 Seesaaブログ

何気ない日常初、最高の幸せ行きの列車が発車いたします。 ハテナブログ

成長日記 Seesaaブログ

小田blog ハテナブログ

毎日楽しく! FC2ブログ

ブログ楽しく続けて下さい( ´艸`)






ポチッとクリックお願いします(*´∀`)
  
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



誕生日プレゼント

0 件のコメント:

コメントを投稿